読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

売れる文章をステップバイステップで書ける本

マネタイズ ブログ

スポンサーリンク

いつもお世話になってます。
具志です。

実は、先日読んだ本に衝撃を受けて、
ついつい、勢いのままに、
3時間かけてブログの記事を書きました。

それが、こちら。 blog.gushijiro.com

いわゆるセールスレターです。

衝撃をもたらした本を、多くの人に読んでほしいなと思い、
紹介というか、売り込むための文章を、
この本を参考に書きました。

ステップは大きく2つ。

  1. 材料をそろえる
  2. 材料を順序良くならべる

それぞれを詳しく説明します。

セールスレターの書き方1「材料をそろえる」

まず、セールスレターを書く前に、
商品について、ターゲットについて、
セールスレター書く材料を質問から導き出します。

これは、紙に書き出しました。
筆ペン使って。

質問1:商品の特徴2つを20秒で伝えてみよう

今回の商品は、本。
この本の特徴はいろいろあるが、
2つ選んで、20秒で伝えるなら、

「ネット時代に言葉で稼ぐ方法と考え方を日本一のマーケッターが暴露した本」

質問2:この商品をどうしても欲しいと懇願するのはどんな客?

今回は、俺のブログを読んでくれる人の中から考えよう。
本当はもっと広い視点で、
ECショップの人とか、オフラインで商売してる人とか、
そんな感じでいっぱいいるけど、
今回は、ブロガーで。

その中でも、
「お金を稼ぐ方法を知りたいブロガー」
という形で伝える相手を設定する。

質問3:なぜライバルから買わずにあなたから買うの?

難しい。
俺は、俺のブログを読んでくれる人に、
どんな特別なことを提供できるのか?

実際に試してみようとすること、
行動が早いこと、あたりが俺の特徴でもあるので、
ここらへんを、買ってくれる人への価値とするなら、

「俺から買うと、一緒にレターを書くので、
スキルや考え方を、ただ読むだけより腑に落ちやすくできますよ」

と、いうことにしよう。

逆に言うと、これに価値を感じない人は、買ってくれないんだろうな。
もう少し、考えたら何かでるかもしれないが、
今は、止まらずに進めよう。

質問4:お客が怒り・不安を感じているのは、どんな場面?

ブロガーの不安は、「いつ結果がでるのか、わからない」ということ。

「いろいろやってみるものの、
ライバルは多いし、
日常は忙しいし、
毎日書こうと思っても、筆は進まないし」

「会社でストレスいっぱいなのが嫌で、なんとかしたい」

「金輪際、お金の心配をしたくない」

「経済状況は悪くなっていく一方だし、将来が不安でしかたない」

こんな感じかな。

質問5:なぜ、この商品はパッとお客の悩みを解決するのか?お客はどう疑うか?

なぜ、この本の知識がブロガーのお金の悩みを解決するのか?

やっぱり、ある一定の「売る方法」が、
経験則ながら示されているからだろう。

「売る」とはどういうことか?
「価値を提供する」とはどういうことか?が
ステップバイステップで、解説されている。

ブロガーにとってマネタイズとは、
「文章で売る力」と同義なので、
オフラインでの方法論がオンラインでも使えるならば、
それは「ブログで稼ぐこと」と直結する。

しかし、
「本当にこの方法論で売れるのか?」
という疑問が浮かぶだろう。

そこは、著者、神田昌典の書籍やコンサルの実績が、
権威付けとして働くだろう。
2013年のアマゾンビジネス書売り上げ第1位だし。

「本当に書けるようになるだろうか?」
という疑問にはどう答えようか?

俺が、この本を見ながら、セールスレターを書けばいいだろう。
レターのエントリとメイキングのエントリを投稿しよう。

実際に売れるかな?

セールスレターの書き方2「材料を適切な順番でならべる」

最初のステップでそろえた材料を、並べ替えていきます。
新PASONAの法則で並べます。

Problem(問題)

質問4を、ならべる。

Affinity(親近感)

ブロガーが抱える不安な感情を、
他の人も味わっているということを伝える。

Solution(解決策)

質問1や質問5から。
神田昌典の本を読めば、
文章で売る方法をステップバイステップで学べるよ。

Offer(提案)

質問3の答えを。
俺から買ってくれないか?
一緒にセールスレターを書いてみようじゃないか。
読んで知識で「はいおわり」じゃなく、スキルとして血肉にしよう。

Narrow down(絞り込み)

ただし、先着3名まで。

Action(行動)

いますぐポチッとしてください。

はい、できあがり。

で、売れたの?

やった!
1冊、売れてました。
ありがとうございます!

ぜひ、連絡してください。
一緒にセールスレターの練習しましょう。

一冊売れたということは、露出が増えれば、
もう少しいけるんじゃないかな?

あとは、ターゲットを変えるのもあり。
例えば、ブロガーじゃなくて、就活してる人なら、
心を動かすエントリーシートの書き方なんて切り口も見えてきそう。

もちろん、商品を変えるのもあり。
本だけじゃなくて、一緒にセールスレター書こうイベントでもいい。
そのオフラインイベントでマネタイズも可能だろうし。

と、いったわけで、この本、おすすめなので、ぜひ買ってみてください。

稼ぐ言葉の法則――「新・PASONAの法則」と売れる公式41

稼ぐ言葉の法則――「新・PASONAの法則」と売れる公式41

そして、この本の付録を読んだ人とは、
ヒソヒソ話がしてみたいので、
改めて、付録についての記事書きます。

今回は以上です。

(1/18/100)