具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

中級クリア!ブログチャレンジラスト:小説を発表する

スポンサーリンク

いつもお世話になってます。
具志です。

さて、ネタに困ったらブログ・チャレンジということで、 ちまちまとやってきました。

そして、ついに、中級最後の課題に挑戦です。

小説を発表する。

小説なんて書いたことないし、 書き方もわからないっつーの。

で、本屋からこんな本を買ってきました。

このブログ・チャレンジのために。

3ステップで小説を書いていきます。

  1. 単語をリストアップする f:id:gushijiro:20160212092650j:plain

  2. リストされた単語から興味深い「モノ」をひねり出し、
    説明を書く。 f:id:gushijiro:20160212092645j:plain

  3. 説明を元に、小説としてまとめる。

これは小説でいいのかな? ま、せっかく書いたし、投稿しておこう。


テキスト芸人の筆ペン

ブログを書くネタ出しには、
いつも、筆ペンを使う。

この筆ペンを使うと、頭の中で絡まっているネタが
スルッとノートに出てくるからだ。

筆ペンは力の入れ具合で、線が太くなったり、細くなったりする。
筆運のスピードで、線がくっきりとしたり、かすれたりする。

その変化が、頭の中に刺激を与えて、
ネタを出しやすくしてくれるのだ。

「もう少し、話を膨らましたい」

そんなときは、軸をプニっと押す。
インクが筆の元の方に補充される。

ギリギリまで溜めて、紙に向かったとき、
覚悟が決まって、頭の中から世界にネタが生まれ出す。

ただ、あせると、プニっと押しすぎて、
インクがボトリと紙に落ちてしまう。

慌ててティッシュに吸わせても、
少しだけ、黒い雫の跡が残る。

あー、着地失敗。
次こそは、と気持ちを改めて軸を持つ。

もちろん、筆ペンを持つ手は汚れるが、
この汚れこそがネタを自分の頭から生み出した印。

ネタにつまったら、筆ペンを持つ。

ただし、インクが切れたら、ネタも切れるので、
定期的にインクもネタも補充すること。

そして、これで中級クリア!

お疲れ、俺! 上級やる?

さっき見たら、課題でブクマ1000とか、狙ってやるもんじゃないだろう。

上級については、気がついたら、クリアしてたってのがいいな。

というわけで、チャレンジはここでおしまい。

今回は以上です。

(3/14/100)