読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

幸せになる技術1

スポンサーリンク

こないだ、仲間内の勉強会で発表するためにまとめた
「幸せになる技術」ってのがあるのです。

で、ブログにも、その台本をのっけてみようかな、と。

ツッコミや質問も大歓迎です。

=====

幸せになりたい?

はい、こんにちは。
今日は「幸せになる技術」てのをまとめてみたので、
みなさんとシェアしたいと思います。

まずね、質問があります。
みなさん、幸せになりたいですか?

どれくらいいます?幸せになりたい人?
ちょっと手を上げて合図してもらえます?

はい、ありがとうございます。

もちろん、俺も幸せになりたいですよ。
もちろんね。

じゃね、もう一つ質問があります。

なぜ、幸せになりたいんですか?

どうです?あんまり考えたことないんじゃないですかね?
今日ね、ちょっと幸せについて考えながら、後でね、
この質問、人はなぜ幸せになりたがるのか?についても考えてみたいな、と思います。

頭の端っこあたりに置いといてくださいね。

どんな時に幸せを感じる?

じゃ、今度はですね、どんな時に幸せを感じますか?
という質問をさせてください。

どうですかね?
「こんな時、めちゃくちゃ幸せ」ってのがあったら、
ぜひ教えてもらえませんか?

誰か?

はい、ありがとうございます。(パチパチ)

えっと、俺は、めちゃくちゃうまい肉食べた時、
もうね、至福ってこれか、っていうくらい幸せでしたね。

あと、こないだのクリスマスとかね、
子供にしかけたドッキリですよね、あれ。

で、朝起きての、子供がすげー喜んでる姿をみて、
どーよ、みたいな、
しかも、プレゼントの秘密知ってるぜ、みたいなのも、
なんというか、幸せな瞬間でしたね。

同じモノ・コトでも人によって感じ方が違う

ただね、世の中には、肉が嫌いな人もいるだろうし、
子供があまり得意じゃない人とか、
キリストの誕生日?キー!
って人もいると思うんです。

で、さっき教えてもらった、皆さんの幸せな時の例、
いろんなモノゴトでね、幸せじゃない人もいるはずなんですね。

つまり、「コレがあれば幸せだ」って決まってない
ということですね。

人によって変わる。

それは肉体的なものかもしれないし、
宗教的なものかもしれないし、
たまたま、幸せなのかもしれない。

絶対的じゃなく、相対的ってことですね。

今日は寒い?

f:id:gushijiro:20160118202942j:plain

ちなみに、今日は寒いって人、どれくらいいます?

はい、ありがとうございます。
すみません、◯◯さんはどちらから?

なるほど、で、ちょっと今日は寒い、と。

今日は寒さ、そうでもないって人います?

はい、ありがとうございます。
◯◯さんは、確か北のほうですよね?
いうほど、寒くない、と。

ね、ここの気温自体は、一定のはずなんだけど、
人によって、寒かったり、寒くなかったりする。

なんか、さっきの「幸せは人によって違う」と似てませんか?

「幸せ」という感覚

でね、「幸せ」ってのも、暑さや寒さのような「感覚」なんですね。

「いやー、今日は暑いなー」と同じレベルで、
「いやー、今日は幸せだなー」っていう感じ。

なんか、わかってきました?

「幸せになりたーい!」ってのは、
「クーラーの効いた部屋に入って涼しくなりたーい!」と同じ。
もしくは、「ぽっかぽかの温泉に入って、温まりたーい!」と同じ、ね。

もちろん、クーラーや温泉の温度によっては、
罰ゲームに感じられて、
むしろ「不幸せ」って場合もあるかもしれませんね。

センサーを磨く

さて、「幸せ」が感覚だとするなら、
それを感じる感度ってのがあるわけですよね?

暑さ、寒さの温度の場合でも、
人によって、それを感じる感度が違う。

で、そういった「感度」って、
もちろん、生まれ持ったものもあるんだけど、
鍛えることもできるんですね。

例えば、熟練の寿司職人は、
確認しなくても、一定の量のシャリをつまみあげるそうです。

で、もし、多かったり、少なかったりしたら、
感覚的にわかるんですって。
で、足したり減らしたり。

つまり、人間て、訓練によって、
その感覚のセンサーをより敏感にできるわけです。

となるとですよ、「幸せ」を感じるセンサーも磨けるんですね。

そう、身の回りや自分自身の変化を感じるセンサーです。
で、その変化に気づいて、
それをきっかけに「幸せ」と感じるんですね。

例えば、ジャンクフードばっかり食べてると、
舌のセンサーが働かなくなって、
美味しさがわからなくなるって言いますね。

逆に、舌が肥えてくると、
素材の風味とかも感じられて、他の人より、美味しさを楽しめる。

幸せになる技術その1は
「幸せは感覚的なもので、センサーを磨けばより幸せになれる」
です。

じゃ、センサーを磨くってどうやるんでしょうかね?

=====

長くなってきたので、続きは、また改めて。

(2/6/100)