読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

94.AI時代のキャリアプラン

スポンサーリンク

f:id:gushijiro:20170308200911j:plain

人工知能に仕事を奪われちゃう?

d.hatena.ne.jp

さて、ちょっと昔に戻ってみよう。

携帯電話が普及して、ポケベルや公衆電話は仕事を奪われちゃったのか?

パソコンが普及して、書類の清書が仕事だった人はどうなったんだろう?

そして、そもそも仕事ってなんだろう?

環境が変わっても、人はなかなか変わらない

もうね、環境ってものすごい勢いで変化していってると思うわけ。

江戸時代の人から見たら、携帯電話で話してる人なんて、テレパシーよ。

iPhoneで写真撮るのも、念写だろうし、ましてや携帯画面の中で動画が動いているのなんて、ねぇ。

さて、環境が変わったのわかるけど、人も変わったんだろうか?

暇の潰し方は変わったとしても、基本的に飯食って、活動して、寝て、子供作って育てて、人付き合いに悩んで、とかね、基本的なことは変わらんでしょう?

で、そこらへんが変わってないってことは、みんな、なんらかで困るのよね。

そう、人間は年中困る生き物。

これは変わらない。

定期的に困ってる人を助けるのが業(なりわい)

さて、昔も今も、仕事っていったら困ってる人を助けることだよね。

お腹がすいて困ってる人には、食べ物をあげてお代をもらう。

病気で困ってる人には、薬をあげたり手術をしたりしてお代をもらう。

暇でヒマで困ってる人には、感情を動かす面白コンテンツを提供してお代をもらうってな感じ。

その助ける行動を繰り返すうちに、あいつに頼めばなんとかなるって信用がついてくる。

そして、看板あげたりしてね。

それが仕事。

サラリーマン、勤め人ももちろんそう。

困ってるのは会社という組織。

こんな業務をこなす人がいないと、困っちゃうってんで、それをやって給料をもらう。

一緒。

AI時代には?

さて、人は困る生き物でそれは将来も変わらんだろう。

仕事ってのは、困ってる人を助けること。

ってんなら、AI時代だろうがなんだろうが、やるべきことは変わらない。

困ってる人を見つけて、助ける。

それだけ。

キャリアプランとして、スキルやテクニックを磨く?

磨くべきは、観察する能力、気づく力。

あと、表現力。

もうね、物理的な困りごとはAIやロボットがやっちゃうよ。

精神的な困りごとが増えるのがわかるでしょう?

精神的な困りごとってのは、つまり、ヒマってこと。

そんなヒマな人にどんな楽しみを提供して、楽しませてあげるか。

これに尽きるでしょう。

表現力ってのは、自分の頭の中のコンセプトが他人に伝わるようにコンセプトを変形したり、まとめたりすることね。

つまりクリエイティビティを発揮するってことだ。

ただ、目的は「伝えること」だから、暴走はダメよ。

今の仕事をクリエイティブにこなしていくことこそが、将来につながる。

だから、自己表現大事。

ブログ書くのも、その一つね。

よし、自己表現終わり。