具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

86.早速ペアワークを実践してきた話

スポンサーリンク

f:id:gushijiro:20170228194857j:plain

先週の日曜日に神田昌典2022ツアー@沖縄に参加して、その後すぐ、「ペアワークがいいよ」ってエントリを書きました。

blog.gushijiro.com

んで、早速、今日、それを実践してきて、やっぱいいなと思ったのでレポート。

ちなみにやったのは、これからの仕事の進め方を設計するです。

思考が暴走するので進まなかった

今、ゲストハウスを作ろうとしています。

いわゆる二世帯住宅の一階部分を旅行客が泊まれるようにリフォームして、二階は普通に住めるようにする考え。

で、そのゲストハウスってのが、旅館業の営業許可を取らないといけないんだけど、そのためにはまた消防法での許可ももらわないといけない。

その消防法で許可をもらうためにも様々な要件があって、それをクリアしないといけない。

で、そのためには調べなきゃいけないし、調達しなきゃいけないし、設計しなきゃいけないし、みたいに色々とこんがらがってくる。

目の前の仕事に集中するのは得意なんだけど、ここら辺のタスクを並行的に進めるのが、圧倒的に苦手。

頭の中で全てのタスクが同時に並び、優先順位がつけられずにフリーズしてしまう。

それでもなんとか、進めようとするが、実は後になってから、こっちを先に処理しておかないとダメみたいな。

こんなことを繰り返しているうちに、進捗は遅れに遅れ、役所は年度末で忙しくなるし、俺は確定申告もやらなきゃ!ってタスクは増えるし、もう、しっちゃかめっちゃかで。

そこで、ペアワーク。

信頼できる友達に「俺の頭の整理をつけてくれ!」とお願いしました。

質問してもらった

場所はとあるカフェ。

iPad Pro+Apple Pencilで紙の心配をせずに書き散らかせる状態。

友達に質問してもらい、それに俺が答える。

答えながらリストを作っていく。

「ゲストハウスがオープンするには何が必要?」

「建物のリフォーム、許可申請、広告、運用」

「じゃ、リフォームから行こう。何が必要?」

「客室にベッドを配置するのと、共用部分の改造」

「ベッドは買うの?作るの?」

「作る」

「ベッドの設計は誰がやるの?」

「俺がやる」

「構造とか素材とか消防法的に大丈夫?」

「わからん。消防署に聞きに行かないと」

「じゃ、先にやるのはそれね」

みたいな流れで、自分では見えてなかったタスクがボロボロ出てくる。

それを優先順位で並べ変えれば、自分が何をどんな順序でやればいいのかわかってくる。

一人で頭を悩ませてると、いつまでたっても、あの作業をちょっと、こっちの作業をちょっと、みたいに全体が進んでるのかどうか、わかんない。

それで、ウァー!ってなるんだけど、今はすっきり。

ナビゲーターの力

で、俺の例は俺自身がこういった優先順位をつけるのが下手くそってのもあるんだけど、この作業って、簡単じゃないと思うのよ。

それで、みんな悩んでるんだと思うのだけど、やっぱり、頭を使う作業の場合、ナビゲーターがいるとすごく楽。

俺は目の前に出された質問の答えを探すのにエネルギーを使えばよくて、そこからズレたら元の道に戻してくれる。

また、グルグルと思考が循環し始めたら、違う角度から質問して、そこから出してくれる。

きっと、コンサルティング、カウンセリング、コーチング、個人セッションなんてのが、これと同じだと思う。

もちろん、逆の立場にもたって、友達の悩んでるところを交通整理して、スムーズに動けるようにしてあげるってのも、結局自分の行動を振り返ることにもなるだろうし。

と、いうわけで、これからも積極的にペア◯◯をやって行こうと思ったのでした。