具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

35. 哲学とは何か?

スポンサーリンク

いま世界の哲学者が考えていること

いま世界の哲学者が考えていること

今日は本から気になったフレーズを。

たった今進行しつつあることは何なのか、われわれの身に何が起ころうとしているのか、この世界、この時代、われわれが生きているこの瞬間はいったい何であるのか、われわれは何者なのか

本文中で「哲学は今、何を問うのか」との質問に、フランスの哲学者フーコーの文章から引用されたのがこのフレーズ。

自分自身のことがわからないため、その不安をどうにかして払拭しようと、様々な思考を広げる。

あーでもない、こーでもない、こう捉えたらわかりやすいんじゃないか?いや、それならこれはどうだ?・・・

ストーリーを作ること

きっと、みんなに「正しい」答えはない。

でも、自分にとっては納得いく。

そんなことを考えて、発表し、他の人から批判されたり、同意されたりして、それぞれの人生観が広がって深められていく。

変化の激しい時代だからこそ、自分だけの世界観をしっかり持たないと、環境に振り回されてしまう。

疲れて、すり減ってね。

そんな、痛い目にあってる時に、自分に心地よいストーリーを。

今を楽しく精一杯過ごす

きっと、いいことあるはず。

こんな、未来が待ってるはず。

こんな風に思えるなら、きっと行動も変わってくる。

そして、仲間が得られるなら、楽しさも倍増だろうね。

今こそ哲学を楽しむ

次世代の「正しさ」が作られる時期を過ごしてると考えると、今、いろんな知識を得て、問答し、アウトプットするってのは、きっと次世代を作るというスーパークリエイティブなことだろ、と考えてるのよ。

だから、考えることを楽しんで、もっともっとそんな時間と、問答できる仲間と、集まれる場所が必要とされるんじゃないかな。

そのためにできることを考え中。

イベントとか。

また明日も書くよ!