読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

12.意味を求める、ということ(あと19)

スポンサーリンク

子供に「それやって何の意味があるの?」と言われたとき、どこからどこまで説明すりゃいいのかこまる。

そりゃ、説明するのはいいけど、それ理解できないと思うんだよな。

じゃ、理解できるように説明して、っていわれても、何も考えず「1たす1は2、何でかは大きくなってから自分で調べれ」ってのと同じなんだよね。

じゃ、理解できないから使えない、意味がないか?っていうと、そんなことなくて、とりあえずそんなもん、ってところで「やって」おけばいい。

体感しておいて、後で答え合わせすりゃいい。

意味があるの?ってのは、本当は、自分で納得できるような意味を自分で構築するってことなんだよね。

その材料が体感した、その感覚なのよ。

だから、ね、まずはツベコベ言わずにやって欲しいんだよなー。

と、最近、いろいろと口が達者なってきて、ま、良かったかな。