具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

10.眠る時にいつも麻酔でねるってのを習慣づけておく

スポンサーリンク

麻酔の量、濃度は機械で管理しておく。 いつも決まった量が処方される。

ある一定の期間をすぎて、条件を満たせば、ランダムに致死量の麻酔が処方され、いつも通りに眠るつもりで飲んだら、朝にはポックリで起き上がらない。

で、周りの人も、それが当たり前のように、日々が続いていく。

野垂れ死ぬのが恐ろしいのなら、管理された死というのは喜びではないのか?

いっそのこと、全世界の高齢者が一斉に集う島を作ってしまうか! そこでの生活は完璧に管理されていますよ。

昼間はなんでも好きなコトができる。

農業OK、カジノOK、エンタメOK。 エッチなこともOK。

その代わり、いつかは例の方法で死ぬけど。 でも、考えてみたら、普通のとこでも、交通事故で死ぬかもしれんのだから、それは確率でいえば、変わらんどころかいいかもしれない。

運営費はどうする?

参加する各国に出してもらうか。

あとは、トゥルーマン・ショーみたいにして独自採算するか。

宗教国家みたいな形かな。

ニライカナイとか、ユートピアとか。

社会主義国家って、こゆの?

「人生のゴールはそこに住むこと」って教育すればいいのだろうし。

食物連鎖をもっと身近に感じるライフスタイルだと、死んで他の動植物に食われるってのが、そんなに特別な事じゃないって考えになれるのかな

それどころか、食われやすくするためには、ある時期からは自分の体内に取り入れる物質も管理するとか。

ファスティング!

「美しくモテる」じゃなくて、「楽しく死ねる」ダイエット!

出家した修行僧じゃないの、それ。

ガガーン!歳とったら、出家するのがデフォルトになればいいのか

修行するっていう共同生活、修行場はコミューン

いわゆる経済活動する社会とは別の社会、エコシステムを作る

精神活動の社会

すでに、一部の覚者は、その社会に生きてるのか

経済活動する社会で、精神活動しようとするからおかしくなるんで、完全にわけてしまえばいいのか

精神社会の成人式もやったほうがいいな、60歳くらいか

学生が社会人になるのとおなじように、経済人が精神人になる

さとり世代!