具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

火遊びのススメ

スポンサーリンク

あー、大人の火遊びじゃなくてね。

ガチの火遊び。

炭炊いたり、落ち葉を集めて火をつける。

炎を見つめる。

熱を感じる。

自分のリズムを取り戻す

なんか、調子悪いな、と思ったら、木炭とステーキ肉を大量に買います。

で、庭に出て、木炭を七輪にいれて、ガスバーナーで熱します。

5分もうちわで扇いでると、ンポッって炎が見えてきます。

後は、それをジーッと見つめます。

揺れたり、消えそうになっても見つめます。

頭の中はなんも考えません。

いや、とりとめもなく思考が起こるけど、炎を見てるうちに落ち着いていきます。

パチパチとハゼる音がして、なんかアクセントになって気持ち良い。

それまで、イライラしたり、心配したりしたのが、だんだんと静かになっていきます。

心や思考が柔らかくなっていく。

人工物が多すぎる

よくデザインされた人工物は美しいです。

でも、そんなに多くはありません。

テキトーにデザインされたものは、勢いを感じさせるものもあるけど、多くの場合、ノイズが強すぎて負担に感じます。

その負担が積もると、イライラしたり、グッタリしてくるのです。

自己主張の強すぎるプロダクトは、視界に入るだけで、ウッときます。

思考の端っこに粘りつきます。

虫歯の原因となるステインのように。

定期的に落とさなきゃ。

人工物じゃないもの

あえて「自然」とは言いません。

俺の中では、人間も自然の一部なので、人工物も自然カテゴリに入る。

だから「人工物じゃないもの」、人の意思が反映されていないものと言います。

その人工物じゃないものに「意識的に」接することで、頭の中に積もったノイズを流します。

クレンジングかなぁ。

俺は炎好きだけど、植物や水、風が好きな人もいるんじゃないかな。

自分のテンポを取り戻すために、人工物じゃないものの助けを借ります。

今は人工物多すぎるんだよな。

捨てなきゃ。