読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

「何によって覚えられたいか」と「誰に覚えられたいか」

スポンサーリンク

「何によって覚えられたいか?」ってドラッカーだったかな?

この質問を自分自身に問いかけることで、人生の目標、行動指針を得ようって話だったはず。

で、この質問を知ってから、たまに俺自身に問いかけるけど、まだ、なんか、これ!って答えが見つからない。

フォーカスすること

で、そもそも、なぜこんな質問が?って考えたとき、あー、人の思考ってブレるから、それを正すためだ、と気づきました。

ブレるのは仕方ないけど、自分に質問して、それを修正しよう、と。

と、いうことは、絞り込むことができるのなら、他の質問でもいいんだな。

何を誰にいつ、どこでどうやって?

うん、何によって覚えられたいか?と同列に、誰に覚えられたいか?どうやって覚えられたいか?いつ、どこで覚えられたいか?などの質問があるんだな、と。

そして、これはスケールを変えれば、1日の過ごし方から、ブログの運営にまで応用できる。

ペルソナ

ブログの想定読者を設定する。

フォーカスを絞る。

使う単語をマッチさせる。

前提知識をマッチさせる。

感情をマッチさせる。

困ってることを解決してあげる。

その解決方法が「何によって覚えられたいか」の答えになる。

利他を実践

ま、言うだけなら簡単なのだけど、実践がむずい。

相手の気持ちになるための情報も集めなきゃいけないいし、自分のエゴを制限しないといけない。

でもでもきっと、覚えてもらえたら嬉しいし、お代をいただけたらもっとうれしい。

フォーカスのために、常に自分自身に問いかけることを習慣化しよう、と考えた。