具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

プロブロガーは何を売っているのか?

スポンサーリンク

昨日の投稿の後、また、ちょっと考えてみた。

なぜ、稼ぎ方で文句が出るのか?

サラリーマンを「社畜」と呼ぶ人もいる。

プロブロガーをテロ呼ばわりする人もいる。

オンラインサロンは信者ビジネス。

さて、どんな稼ぎ方なら、文句がでないんだろう?

専門性というラベル

昨日、世の中なんでも「情弱」ビジネスと投稿した。

blog.gushijiro.com

結局、ラベリングの問題なのかな?

「情弱」とつけると、文句が出そうなんだけど、専門性を売ってる、となると、そりゃそうだ、となる。

しかし、その専門性が、「水素水」だとまた、文句が出てくる。

何が違う?

信頼とは積み重ね

新しいコンセプトは受け入れられにくい。

わからないものは警戒される。不安を呼び起こす。

マーケティングのキャズムあたりを用いると、上手く理解できるんじゃないかな。

多くのプロダクト(具現化されたコンセプト)はキャズムを超えられない。

だから、一部新し物好き以外には、そのコンセプトが理解されない。

理解されるほど接することができない。

キャズムを超えると、多くの人が触れることになる。

そしたら、その人なりにコンセプトを理解することになり、受け入れてもらえる(=文句が出ない)。

プロブロガーってコンセプトも、まだまだ新しすぎるんだろうな。

雑誌や新聞の広告モデル

プロブロガーなんてのは、一人で雑誌を発行してるみたいなもん。

でも、雑誌に広告を掲載して稼ごうなんて、ま、その雑誌のコンセプトにもよるけど、そのこと自体では非難されないはず。

なぜ?

キャズムを超えたから。

似たようなのだと、新聞のチラシもそうだろうし、フリーペーパー(マガジン)あたりも、出始めは、そんなんで稼げるわけない!とか、ムダな紙クズをばら撒くな!ってことだったんだろう。

今は?

世に認知されるまで、多くの屍が踏み台になってきたんだろうな。

先達の発刊、廃刊の積み重ねのもと、メディアとしての位置を占めることができてるんじゃない?

1時代前はゲームクリエイターが文句言われてた

世に広まるまで、いろいろと紛糾するんだろうけど、プロブロガーの流れは変わらない、次のメインメディアになると思うので、プロブロガーがんばれ!

俺も頑張る!