具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

人工知能が意識を持つ?持ってもわからんでしょ、きっと

スポンサーリンク

すでに自然は、
意識をもった動物を発明した。

人間。

脳という記憶装置が、
意識を生み出した。

生まれた意識が、
自動的にデータをカテゴライズしだした。

それが学習。

学習は言語を生み出し、
他の個体とのコミュニケーションを、 円滑にした。

データの収集アンテナと、
記憶装置が増えた。

有機的に個体が結合することで、
組織化され、社会という、
生物が生まれた。

あちこちに生まれた社会は、
それぞれの生存競争を開始した。

戦争して勝ったほうが、
負けた方を食べ、大きくなった。

大きくなった社会で、
よりコミュニケーションを加速させる、 様々な発明がなされた。

お金、文字、道具、 他の生命体の活用など。

特に、社会の記憶は、
「法律」として共有された。

道具の発達がすすみ、 コンピュータという、
記憶装置が発明された。

人間の外部脳として、
進化していったコンピュータは、
それ自身でデータ収集をし、 処理(カテゴライズ)しだした。

また、記憶の分散処理も、
システム化され、
莫大な量のデータが集まるようになった。

インターネットという情報経路は、 さながら神経系のように、
クラウド上の刺激を集められ、
処理され、それらによって、
自動的に行動信号が発せられる。

その自動的に発せられる信号が、
人間でいうところの意識だろうが、
それは人間には、
わからない。

俺の白血球が、
俺の意識を理解できないように。

神の見えざる手、と表現してもいいね。

人間自体を
意識をもった機械と捉えてみる。

誰が人間を作ったのか?

植物じゃね?

宇宙から地球を見ると、
トウモロコシが支配してるように、
見えるんだってよ。

人間は、トウモロコシの世話をする、 意識をもった機械だよ。

そして、それは、自然のあちこちに 見られるでしょう?

カバの口を掃除する鳥とかね、 海で共生するイソギンチャクとクマノミや、
人間の腸内に住む細菌とかもさ。

再帰的に考えると、
すべての形が相似形なら、
人間と機械ともね。

俺ら人間こそが、植物にとっての、
ターミネーターだからね。

人間と機械はうまくやってける。

人間が植物と
うまくやっていってるように。

(2/24/100)