具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

今さっき、グラップラー刃牙に関節イジられてビックリした話

スポンサーリンク

以前、肩が石灰化してるので、
ハリ治療を受けに行ったことを
投稿しました。

blog.gushijiro.com

blog.gushijiro.com

で、そのあとも、マメに通ってたんです。

ボチボチやってくしかないなー、と。

そんなある日、Facebookでイベントの
お誘いがありました。

「サムライ式パフォーマンスアップセミナー」

講師は平直行さん。
グラップラー刃牙の元ネタの人です。

沖縄で、アスリート対象に、
身体の使い方について、
ノウハウを伝授します、というもの。

運動しようにも、肩が痛くて、
腕立て伏せもできねんだよなー、
なんて考えてたら、

関節の故障、痛みをやわらげるための
施術も行います、とのこと。

おおお!
刃牙に関節を触ってもらえるのか!

ぶっ壊すことができるのなら、
治すこともできる!(はず)

早速、電話して予約を入れました。

そして、今さっきのこと。

実物は優しい感じで、
ニコニコとしてます。

肩が痛くてあげられないんです。
そう伝えました。

すると、 まず、うつ伏せになってください、と。

言われるまま、お腹を下に寝転びます。

すると、背中から肩にかけて、
揉むでもなく、押すでもなく、
さすさすと触れていきます。

何かを確かめるかのように。

そして、おもむろに、
痛くない方のひじ近辺を
揉みはじめました。

あがー!

なんで、反対側がこんなに痛いの!

平さんは、ニヤっと笑いながら、
ピンポイントで、痛いところを
ゴリゴリとほぐしていきます。

俺は悶絶。
涙が出そう。

えー!何コレ!
普段、ちっとも痛くないのに、
なんで??

平さん曰く、

あちこちの骨が少しずつズレて、
それによって、
筋肉の動きが制限される。

動かされない筋肉が、
骨にへばりついて、硬くなる、と。

硬くなった筋肉は、
それと繋がってる筋肉にも、
影響を及ぼす。

そして、そんな筋肉が関節の動きを
制限してしまい、
動かせない方向に動かそうとすると、
痛くなる、ということ。

その言葉のとおり、
足首からスネ、
腰、胸、ワキ、といったふうに、
肩以外のところに、
激痛ポイントが点在していました。

で、それらのへばりついた筋肉を、
アガアガ言いながら、
ちょっとずつ、はがしていき、
いよいよ、肩へ。

そのころには、平さんは
汗びっしょりになってました。

もちろん、ニコニコしながらですけど。

で、腕をもって、肩全体を、
肩甲骨、鎖骨もろとも、
回す形で、動かしていくと…

スッと上がる! 何コレ!?

痛みは少しあるものの、
それまでは水平の位置に、
持ち上げただけで、 痛くてたまらなかったのに、

たった30分でバンザイできてる!

さすが格闘家、
関節のプロフェッショナル。

一度に全部元に戻そうとすると、
逆に健康に悪い、ということで、
今回の施術はここまで。

身体全体を動かす運動方法を学び、
今後は、それで、
少しずつ、関節が動くように
していきましょう、と。

肩を動かしていれば、
関節の潤滑油が自然と出てくるので、 それが、損傷を治してくれる、と。

すごく不思議な体験だったので、
急いでまとめてみました。

ハンマーで、コンコンと。

平さんとこのサイト。 strapple-taira.com

木登りやロッククライミングが
肩には良いって習ったので、
春休みは子供とヤンバルにでも、
いこうっと。

(3/23/100)