具志ブログ(β版)

ピキーン!ときたフレーズや画像、動画なんかを俺のフィルタを通して紹介

空気を読める人の限界

スポンサーリンク

この記事読んで感じたこと。

www.jimpei.net

「意識高い系と他人の足を引っ張る人」をバカにしても「ダメ」だ

他人を気にせずに、何者かになろうとする。
そのガムシャラさが、コアを形作る。

似たようなのをオープンソース関連の本で読んだ覚えがある。

プロジェクトを立ち上げるのに必要なのは「狂気と呼べるほどの熱量」である。

そんな熱狂中に周りの人の意見とか聞こえんよ。

失敗した時に「周りが足を引っ張ったから」なんて
予防線を張らずに、狂気に浸ろう。

他人を気にせずに、何者かになろうとする。
そのガムシャラさが、人を引き寄せる。

そのエネルギーによってのみ、
周りの人は変化するはずだから。

とはいえ、気になるのは仕方ない

そんな時のための仲間です。
同じように熱狂してる人と接すると、
その熱が移ってきます。

そういった場所を探すのも大事。

(有料のブログサロンでそれが手に入れられるなら、いいんじゃない?)

例えば、はてなブログだと、こんな人

この人、熱狂してるなーってのが、

三沢文也 (id:TM2501) さん

とか、

ふなさん (id:tensaychang)

とか、

そして、最初のブログを書いた 八木さんもそう。

八木さん自身は、熱狂して、あの記事を書いてるからね。

ただ、あの記事読んで、
「周りが足引っ張るから、行動できねんだよ」
で終わっちゃうと、ま、何者にもなれんわな。

え?俺?

そして、俺の熱狂は?

ブログ書くことだよ!

ええかっこしようとせず、
ブチまけよう。

できるだけ、毎日ね。

狂気っては

吉田松陰の
「諸君、狂いたまえ」
からね。

(1/23/100)